家庭用脱毛器をうまく活用してみる

確かに家庭用脱毛器の性能も日々進化しています。

しかし家庭用脱毛器はあくまでも家庭用です。

脱毛エステの脱毛器と比べたらその差は歴然としています。

肌への負担もそうですし、家庭用の脱毛器は全身に使えるわけではありません。

説明書には顔やVIOラインには使用しないで下さいと書かれてあります。

そこが一番したい部分なのに・・・・と思わず叫んでしまうかもしれませんね。

それから足や腕の裏側の部分だったり、背中の部分は自分で脱毛器を当てるのは難しいですよね。

結局脱毛できてない部分があり、満足の結果は得られません。

そして家庭用脱毛器を選び人の理由は全身脱毛を脱毛エステサロンですると料金が高すぎるから無理という理由だと思います。

しかし家庭用脱毛器の方が得だと思っているとしたらそれは間違いです。

まず脱毛エステサロンの料金はかなり下がってきています。

料金を上手く利用すれば10万円以下で全身脱毛を受ける事だって可能です。

まぁ10万円以下のキャンペーンを見つけるのは難しいと思いますが、20~30万円で全身脱毛をできるサービスを提供しているサロンはたくさんあります。

そして20~30万円なら実は家庭用よりも脱毛エステサロンの方が長い目で見たら安いのです。

家庭用脱毛器は現在の価格で8万円前後が主流です。それより安いのになると今度は性能ががくっと落ちてしまうのでこの価格水準のものを購入する事をお勧めします。

そして全身脱毛なら約2年通う事になりますよね。

2年家庭用脱毛器を使うとしたら消耗品のカートリッジはどれぐらいかかるのでしょうか?

1回取り換えるのに数千円から数万円です。全身にするわけですから消耗する量も多いでしょう。

つまり2年間のうちに家庭用脱毛器+カートリッジの方が高くなる可能性があるというわけです。

それで肌へのダメージはあって、やり残しはあって、脱毛の精度は当然脱毛サロンの方が上で、自分でやるのは面倒で手間も時間もかかる。

そう考えた時にあなたは家庭用脱毛器と脱毛サロンのどちらを選びますか?目先の欲だけにとらわれないで下さいね。